ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーの保存方法

ローヤルゼリーのサプリメントには3種類の製品があり、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーがあります。
その中で、生ローヤルゼリーが保存に関して一番難しいようです。
生ローヤルゼリーは、みつばちの巣から採取して直ぐに瓶に詰めされ出荷されるので、純度や鮮度・栄養素は、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの中でトップとなります。
「生」と付くように生製品となりますので、生鮮食品と同じように捉えて頂けると良いと思います。
このように保存方法や品質管理が難しく、手間がかかることから、生ローヤルゼリーは高価なサプリメントになるのです。
生ローヤルゼリーは、高温多湿・直射日光により、成分が変性してしまいます。
品質が変化してくると色が変わってきますので、もしそのような状態になってしまった場合は、出来るだけ早めに摂取し切って下さい。
各製品には、メーカーからの保存方法の注意点が記載されていると思いますが、一般的には購入後すぐに冷蔵庫に入れて、開封後の保管も冷蔵庫での保存が良いでしょう。
生鮮食品と同じようなものですから、大量に購入するより少しずつ購入して、なるべく新鮮なうちに摂取するのがお薦めです。
乾燥ローヤルゼリー・調整ローヤルゼリーなど、固形のサプリメント状になっているものは、高温多湿・直射日光を避ければほとんどが常温で保存できます。
ローヤルゼリー以外に防腐剤代わりの添加物が入っていたりと、酸化したり成分が劣化しにくくなっていることから、長期間保存も可能になってくるのです。
保存方法に自信のない場合は、生ローヤルゼリーではなく、乾燥ローヤルゼリー・調整ローヤルゼリーを摂取されると良いでしょう。
また、生タイプにはピリッとした独特の酸味あり、それが苦手だという方もたくさんいらっしゃいます。
乾燥ローヤルゼリーは、苦手な味を我慢する必要がなく、保存も生ローヤルゼリーよりも扱いやすいので、手軽にローヤルゼリーの栄養素を摂取することが出来るのです。
できるだけ熱を与えずに乾燥させる方法なども開発されているそうなので、生でなければならない!とこだわる必要も少ないでしょう。